<はじめに>


 『SFC mini』は、VBScriptおよびJScriptでのWin32APIの使用を、補助するためのツールです。以下の特徴があります。

1)簡単な宣言文で、Win32APIを初めとしたDLL(Dynamic Link Library)の関数が使用できます。

2)ユーザ定義型の構造体が使用可能です。APIに引数として渡すことも出来ます。

3)コールバック関数を利用するAPIも利用可能です。また、ウィンドウプロシージャを使ったGUIプログラムが作成可能です。

4)ライブラリに収められたインクルード可能な機能を利用して、GUIプログラムを容易に作成することが出来ます。

5)C++で書かれたWin32プログラムなので、.NET Frameworkやその他のランタイムを必要としません。加えて、動作が軽いです。

 現在のバージョンのSFC miniは、SFC mini ver0.3及びSFC ver0.3の上位バージョンです。SFC ver0.3からの移行については、こちらを参考にしてください。

 バージョン0.4bであった、一部のWindows-XPで幾つかの機能が使えない問題(DEP関連)は、ver1.0で解消されました。

(SFC miniはベクターからダウンロード可能です)

(SFC miniはSourceForge.JPからダウンロード可能です)
SFC miniの利用方法は、2つあります。

1)COMサーバー(ActiveXサーバー)として、Windowsに登録して利用する。

 この方法では、管理者権限が必要です。まずダウンロードしたZIPファイルを解凍してください。作成されたフォルダを好きな場所に置き『install.vbs』を実行すれば、インストール完了です。なお、フォルダの位置や名前を変更した場合は、『install.vbs』を実行し直して下さい。Ver 1.0ではインストール用のスクリプトが2種類ありましたが、ver 1.0.5以降、一つ(install.vbs)に統一されました。

 アンインストールするには、まず『uninstall.vbs』を実行し、次にフォルダ全体を消去して下さい。

 以前のバージョンからのアップグレードの場合は、古いバージョンをアンインストールしてから新しいバージョンをインストールしてください。

2)COMサーバーとして登録せずに、Reg-free-COMとして、利用する。

 この方法では、管理者権限は必要ありません。同梱のSuppon(Script Users' and Programmers' Private Object Navigation)が必要です。ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、作成されたフォルダを好きな場所におきます。Supponも解凍して、同じフォルダに置きます。その同じフォルダにstart.vbsもしくはstart.jsを配置すれば、suppon.exeを実行することで、Reg-free-COMとしてSFC miniを利用できます。詳しくは、Supponのreadme.txtを参照して下さい。