(メソッド名無し)

obj([param1 [, param2 [,param3 ...]]])

 Declareメソッドで指定されたDLL上の関数(API)を呼び出します。引数『param1』 『param2』等には、それぞれのAPIで指定された物を使用します。APIで指定された引数を全て記述して下さい。

Declare

obj.Declare("dllFile","procName")

 『DeclareA』と同じ。

DeclareA

obj.DeclareA("dllFile","procName")

 オブジェクトで扱うAPIを指定します。『dllFile』には、使用する関数が含まれているDLLのファイル名(『.dll』は省略可能)を、『procName』には使用する関数へのエイリアスを指定します。文字列を扱うAPIの場合は、ANSI Stringを使用する物(XxxXxxA)を指定して下さい。
 戻り値はありません。

DeclareW

obj.DeclareW("dllFile","procName")

 オブジェクトで扱うAPIを指定します。『dllFile』には、使用する関数が含まれているDLLのファイル名(『.dll』は省略可能)を、『procName』には使用する関数へのエイリアスを指定します。文字列を扱うAPIの場合は、Unicodeを扱う物(XxxXxxW)を指定して下さい。
 戻り値はありません。

CallBack

obj.CallBack(className, numParam)

 classNameにはコールバック関数を含むクラスオブジェクトを、numParamにはコールバック関数の引数の数を指定します。
 戻り値として、コールバック関数のポインタを返します。

Address

obj.Address

 引数はありません。
 戻り値として、宣言された関数のメモリ上のアドレスを返します。

LoadLibraries

obj.LoadLibraries("dllName" [ ,"dllName" [ , ...]]])

 『LoadLibrariesA』と同じ。

LoadLibrariesA

obj.LoadLibrariesA("dllName" [ ,"dllName" [ , ...]]])

 『dllName』で指定したDLLファイルをメモリにロードします。文字列を扱うAPIとしては、ANSI Stringを扱う物が利用可能です。
 戻り値はありません。

LoadLibrariesW

obj.LoadLibrariesW("dllName" [ ,"dllName" [ , ...]]])

 『dllName』で指定したDLLファイルをメモリにロードします。文字列を扱うAPIとしては、Unicodeを扱う物が利用可能です。
 戻り値はありません。

Reset

obj.Reset()

 使用していたメモリーを解放し、オブジェクトを初期状態に戻します。
 戻り値はありません。

(API名)

obj.API名([param1 [, param2 [,param3 ...]]])

 LoadLibrariesメソッドで指定されたDLL上の関数(API)を呼び出します。引数『param1』 『param2』等には、それぞれのAPIで指定された物を使用します。APIで指定された引数を全て記述して下さい。

eax

obj.eax

 引数はありません。
 戻り値として、APIを呼び出した後のeaxレジスタの値を返します。多くのAPIでは、eaxレジスタの値が関数の戻り値です。

edx

obj.edx

 引数はありません。
 戻り値として、APIを呼び出した後のedxレジスタの値を返します。